SSD


SSDのフォーマット
2018年5月28日
Windows10のバックアップメモリーに使用するため、120GBの2.5インチSSDとSATA-USB3.1変換アダプターをAmazonで購入しました。


早速パソコンに接続してエクスプローラでドライブを表示させてみましたがSSDが認識されません。

SSDもしくはSATA-USB変換アダプターの初期故障かと思い、SATA-USB変換アダプターに手持ちのハードディスクを繋いでみると正常にドライブを認識
しドライブへの読み書きもできました。

ネットでSSDが認識されない原因を調べてみると、どうやらSSDはHDと違って未フォーマットで出荷されるのが標準のようです

SSDのフォーマット手順を以下に残しておきます。

Windows10の左下検索窓から「ハード ディスク」と入力します。(ハードとディスクの間にスペースを挿入)

検索結果から「ハードディスク パーテションの作成とフォーマット」を選択します。

ディスクの管理画面が起動し、未フォーマットのドライブが接続されているとディスクの初期化画面がポップアップされます。

MBR(マスターブートレコード)(M)にチェックを入れてOKボタンをクリックします。

新しいシンプルボリュームウィザード画面が表示されるので手順に従ってフォーマットをします。

これでSSDのフォーマットが完了したのでエクスプローラで確認します。


SSDドライブの認識はできるようになりましたが書き込みができません。「このディスクは書き込み禁止になっています」とポップアップ表示されます。

書き込み禁止の解除方法を以下に残しておきます。

PCのキーボード[Windows]+{R]を押すとポップアップ画面「ファイル名を指定して実行」が表示されます。

「diskpart」と入力しEnterキーを押します。

コマンドプロンプト画面が表示されるので「list disk」と入力しEnterキーを押します。

PCに接続されているすべてのディスクが表示されるので、どれがSSDドライブか確認し「select disk x」(x:ドライブ番号)と入力しEnterキーを押します。

さらに「attributes disk clear readonly」と入力しEnterキーを押します。

これで完了です。SSDに書き込みができるか確認します。



Dell のデスクトップパソコンをSSD化する
2020年9月28日
Dell のスモールシャーシデスクトップパソコンを2台保有しています。Vostro3470とVostro3471ですが、3470はHDD

起動で3471はSSD起動にしています。両者のCPU性能は大差ないのですが、起動時間は大きく異なります。やは

りSSDへのアクセス速度はHDDと比べて雲泥の差があります。

SSDの価格も随分下がってきたので起動にもたつくVostro3470をSSD化することにしました。現在装着しているHD

Dはデーター用記憶装置としてそのまま残しておくことにしました。


Dell のスモールシャーシパソコンのマザーボードには、M.2のインターフェースが用意されているのでこの規格のSSDを

用意すればSSDの取り付け作業が簡単ですが、2.5インチのSerial ATA規格のSSDの方M.2規格のSSDに比べて

価格がだいぶ安価なのでSerial ATAを利用することにしました。


用意するものは、2.5インチSerial ATA SSDとSTA3ケーブル、15pin SATA電源2分岐ケーブルです。HDDをSSD

に完全にクローン化するために、無料のクローンソフトEaseUS Todo Backup FreeとSATA USB変換アダプターも

必要になります。


Vostro3470に窓の杜からEaseUS Todo Backup Freeをダウンロードします。Serial ATA SSDをSATA USB変換

アダプターを介してPCに接続します。SSDはWindows10の「ディスクの管理」ツールを利用してあらかじめ初期化して

おきます。そして、EaseUS Todo Backup Free を使ってHDDデータを丸ごとSSDにコピーします。

次にSSDをPCに取り付ける作業をします。PCのケースを開けてHDDに接続されているSTA3ケーブルとSATA電源

ケーブルを抜きます。SATA電源ケーブルを2分岐するために用意した分岐ケーブルを接続します。SSDに電源ケー

ブルとHDDから取り外したSTA3ケーブルを接続すればこの状態でSSDから起動することができます。

SSDはケース内部の空きスペースに両面テープで固定しました。



HDDをそのまま利用するためにはSTA3ケーブルとSATA電源ケーブルを接続する必要があります。SATA電源は

2分岐した一方のコネクタを接続します。SATA3ケーブルはマザーボードにある空き端子に接続する必要がありま

すが、このためにはHDDとCDドライブが装着されている筐体を取り外しSTA3「1」の端子にケーブルを接続します。

STA3の端子「0」と「1」の端子を逆に接続するとBIOSの操作をせずにSSD起動とHDD起動を切り替えることがで

きます。


HDDはOSやアプリケーションソフトのバックアップとして残しておきます。誤って消去しないようWindows10の「ディスク

の管理」ツールでディスクのパーティションを追加してDATA保管用のエリアを作っておいた方がベターです。